丈夫な髪の毛を手に入れる

髪の毛が長く太くなるためには、毛根がしっかりしている必要があります。毛根の周りにある血管が拡張されると、血液に乗せて栄養を毛根に運ぶことができ、毛に十分栄養が行き渡るのです。ここでは、育毛と養毛の違いについて知ってみましょう。

育毛と養毛の違い

育毛

今現在生えている髪の毛を、しっかりと育てることを育毛と言います。発毛のように髪を生やすわけではないので、薄毛になる前の段階からやっておきたいですね。

養毛

育毛で生えている髪を育てながら、守っていくのが養毛です。髪を育てるだけでなく、強くしたいという場合におススメです。

[PR]
名古屋で発毛の相談
先生が親身になってくれる

しっかりと育毛するためには環境改善が大事

ビフォーアフター

食生活を見直す

髪の毛の99%はタンパク質で出来ています。そのため、タンパク質を十分に摂取する必要があるのです。大豆などに含まれる植物性のタンパク質が特にいいでしょう。また、亜鉛やミネラルなども髪の毛に必要な栄養なので、摂取するようにしたいですね。

男の人

タバコを控える

タバコを吸って血管が収縮すると、血液が循環されにくくなります。髪の毛に必要な栄養は血液によって運ばれるため、血流が滞ると栄養が運ばれずに育毛の妨げになります。タバコ以外のストレス解消法を見つけたほうがいいでしょう。

男の人

十分な睡眠をとる

夜の10時~深夜2時の愛谷分泌される成長ホルモンは、タンパク質の合成を促すため、育毛したい人にとっては重要なホルモンです。髪の毛を健康的にしたいと考えるなら、この時間帯には眠るようにするべきですね。

[PR]
植毛情報まとめ♪
健康な髪の毛を取り戻そう

生活改善で育毛効果を高める

名古屋のクリニックや、大阪のサロンなどで育毛治療を行っている人も多いでしょう。治療の効果をより得たいのであれば、生活環境を改善することが近道だと言えます。現在の環境が良くないと感じるのであれば、まずはそこから改善してみるといいですね。

[PR]
育毛は大阪のクリニックへ♪
フサフサな髪の毛になれる★

[PR]
AGAを名古屋で希望
悩みを解消してくれる

広告募集中