もうAGAに悩まない【発症の原因と治療法】

AGAは改善できる

男性のコンプレックスで多く挙げられるのが薄毛でしょう。近年、AGAに有効な治療法や治療薬がいくつも登場しています。それらを上手く利用すればAGAの改善が見込めるのです。まずは、どんな治療法があるのかご紹介します。

代表的なAGA治療の種類

内服薬

プロペシアなどの有効な薬を服用することで、5αリダクターゼという酵素の働きを抑制することができ、AGAの改善が見込めます。根本的な改善が可能な方法だと言われています。

育毛剤

育毛剤の中でも「ミノキシジル外用薬」というものが知られています。毛髪が成長するのを促し、成長し続けるように働きかけます。内服薬と併用することもあります。

植毛

自毛や人工毛を頭皮に植える方法です。すぐに効果を得たいという人に支持されています。自毛と人工毛でそれぞれメリット、デメリットがあるため、きちんと理解して行う必要があります。

レーザー治療

弱いレーザーを照射し、毛根の細胞を活性化させます。血行促進効果も同時に得られるので、毛髪が育ちやすい環境を作ってくれるでしょう。外用薬と同じく、内服薬と併用して治療を行う場合もあります。

HARG治療

頭皮に有効成分を浸透させる治療法で、毛髪再生治療とも呼ばれています。成長因子を含んだ薬品を浸透させることで、発毛効果、毛髪の育毛効果を得ることができます。

もうAGAに悩まない【発症の原因と治療法】

頭を見る女性と女の子

薄毛の原因

薄毛だからと言って、全てがAGAとは限りません。食生活が乱れていたリ、睡眠不足、頭皮の環境が悪化しているなども薄毛の原因となります。まずはそこから改善してみるといいですね。

AGAが発症する原因

AGAは男性型脱毛症のことですが、男性だからと言って必ず発症するわけではありません。男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」は発毛を阻害し、毛髪サイクルを短くしてしまうのですが、その結果抜け毛が増えAGAが進行してしまうのです。

AGAの可能性が高い症状

抜け毛の中に細い毛が目立つ、毛が柔らかく細くなってきている、抜け毛の量が増えた、一部分の毛が薄くなってきたなどという症状はAGAの可能性があります。進行を阻止するためにも、初期段階で改善を行った方がいいでしょう。

炎症性脱毛症と間違われやすい

パーマやカラーリング剤などの強い薬剤が頭皮に付くことで、炎症を起こし髪が抜けてしまうのが炎症性脱毛症です。シャンプーなどのすすぎが十分に行えていないという可能性もあります。AGAと違って、赤みが出たリ、かゆみが続きます。

薄毛を改善したいならクリニックへ行こう

薄毛は自分で治すのは難しいでしょうし、進行してからでは治療期間や費用もかかってしまいます。これ以上進行してしまう前に、名古屋などにある専門のクリニックで治療を始めましょう。

広告募集中